平成27年(2015)108代 「回帰」を柱に選曲、年間テーマ「ワセグリルネッサンス」


4年生11人と少なかったが、一人一人が全力投球で役割を果たした1年でした。猛練習して臨んだ送別演奏会で卒団生11人による演奏は生涯忘れられないものになりました。音楽面は年間活動の柱に「回帰」を掲げ、伝統のワセグリの「今」の価値を見出す選曲を重視しました。送別で「アイヌのウポポ」、六連で「中島みゆきステージ」、四連では小久保大輔先生を招いて「土の歌」、さらに定演では「阿波」の他、ワセグリ黄金時代へ回帰の気持ちを込め荻久保和明先生による「縄文”愛”」、小久保先生による「LIEBESLIEDER WALTZES」全18曲などを演奏しました。大隈講堂で「帰ってきたグリークラブ」と題した単独ステージを開いたことや、定演を閉館前の日比谷公会堂で開催いたことも「回帰」の強い気持ちでした。

特別な演奏旅行は行いませんでしたが、活動記録が1ページで収まらないほど実に多くの特ステに出演しました。NHKホール、サントリーホール、渋谷さくらホール、京王プラザホテル、帝国ホテル、浦和ロイヤルバインズホテル、舞浜アンフィシアターなどなど、東奔西走の日々でした。

振り返れば歌ばかりの4年間でした。その中でも最終年で小久保大輔、荻久保和明両先生から受けた熱い薫陶は大きな財産になりました。学指揮の白石貴啓は送別の「アイズのウポポ」を皮切りに、六連単独、定演の「阿波」の他、実に多くの特ステを振りました。

2015年〈108代〉主要演奏曲目

  • 送別
    「アイヌのウポポ」曲:清水 脩 指揮:白石貴啓
  • 六連
    「中島みゆきセレクション」曲:中島みゆき 指揮:白石貴啓
  • 四連
    「土の歌」曲:佐藤 眞 指揮:小久保大輔
  • 定演
    1.「阿波」曲:三木 稔 指揮:白石貴啓
    2.「Liebeslieder Waltzer Op.52」曲:ヨハネス・ブラームス 指揮:小久保大輔
    3.「縄文―愛―」曲・指揮:荻久保和明

2015年〈第108代〉学生役員・客演指揮者一覧

〈会長〉伊東一郎
〈客演指揮者〉小久保大輔(四連・定演) /荻久保和明(定演)
〈ボイストレーナー〉和田ひでき
〈学生部長〉中村優樹
〈学生指揮者〉白石貴啓
〈パートリーダー〉1T 金澤清二朗 / 2T 松岡寛直 / 1B 白石貴啓 / 2B 及川宏史
〈内政〉有本龍太郎・佐藤正義
〈外政〉太田 周・照屋 卓
〈会計〉山迫光起
〈演奏会〉横田龍輝
〈演奏旅行〉中村優樹
〈学内〉有本龍太郎
〈OB担当〉太田 周
〈合宿〉佐藤正義
〈記録〉山迫光起
〈編集〉佐藤正義
〈印刷〉有本龍太郎・佐藤正義
〈ライブラリアン〉佐藤正義
〈DM〉中村優樹
〈Web〉山迫光起・横田龍輝
〈MIDI〉山迫光起