OB会について


OB会概要

 早稲田大学グリークラブOB会は、早稲田大学グリークラブ(通称:ワセグリ)出身者でつくる親睦団体で、ワセグリの活動を支援するとともに、音楽活動を通じ、アマチュア合唱音楽の健全な発展に寄与することを目的とした団体です。

 早稲田大学グリークラブは、1907年(明治40年)、「都の西北」で知られる早稲田大学校歌が制定された時、初めて歌って披露した「早稲田大学音楽会声楽部」をルーツとし、2017年には創立110周年を迎えました。

 一方OB会は、1952年(昭和27年)に発足し、2017年に65周年となりました。OB会員は現在約1600人です。

 OBの中には、“ヒゲのバス歌手”、声楽家の岡村喬生。「ちいさい秋みつけた」など童謡・唱歌・抒情歌・世界の民謡を幅広く歌う“歌の伝道師”、ボニージャックス。また、伊東ゆかりの「小指の想い出」や黒木憲の「霧にむせぶ夜」などの昭和歌謡ヒット曲の作曲家・鈴木淳。そしてジャーナリストの筑紫哲也などがいて、音楽に限らず様々な分野で活躍する多彩な人材の“るつぼ”のようです。

 主な演奏会活動としては、それぞれ隔年に開かれる東西四大学OB合唱連盟演奏会(早稲田、慶應、同志社、関西学院)、東京六大学OB合唱連盟演奏会(早稲田、慶應、明治、法政、立教、東大)などの演奏会に参加。OB会全体から参加者を募り、「稲門(とうもん)グリークラブ」と称して歌っています。

 また、日頃は東京・大阪・名古屋・横浜にあるそれぞれの地域稲門グリークラブや、その他にも「年代」の括りで集まった団体など、いくつものOB会関連団体が、それぞれ独自のコンサート活動を展開しています。

 仕事で多忙な中なんとか時間をやりくりし暗譜で舞台に立つ者。定年退職後生きがいとしてのびのびと歌を楽しむ者。それぞれモチベーションは違いますが、学生時代に燃え盛った『男声合唱の火』を心に点し続けています。

 世代は違っても、私たちには学生時代に覚えた共通の歌があります。「校歌」や「応援歌」、その他愛唱曲の数々です。これらは練習をしなくても、すぐにハモることができます。集まって歌えば20代の若手OBから80代の超OBまで1つになることができます。そんな時、たとえ『男声合唱の火』が消えかかっていてもまたすぐに“発火”する、そんな“油”のような“風”のような力がOB会の中には潜んでいます。

幹事会だより

・早稲田大学グリークラブOB会役員から、主にOB会会員に向けてのお知らせです。→こちらから

会長ご挨拶

柿沼会長

早稲田大学グリークラブOB会 会長 柿沼 郭(S53卒)

<一般ビジターのみなさんへ>

ようこそ!早稲田大学グリークラブOB会のWebサイトへ。
私たちは早稲田大学グリークラブ(通称:ワセグリ)出身者でつくるOB親睦団体です。
ワセグリOB会は、これまでいくつかに分散していたサイトを統合し、2017年2月にこの新たなWebサイトをスタートさせました。デザインも内容も一新し、OBだけでなく一般の皆さんにもご理解、お楽しみいただけるよう、微力ながら情報の更新、表現の工夫などの努力を続けているところです。
様々な頁をお読みいただき、当会へのご理解を深めていただければ幸いです。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

<OBのみなさんへ>

新Webサイトがスタートして以来、多くのOBの方にご覧いただき大変嬉しく思っています。
すでにお伝えしている通り、このサイトは、かつての「早稲田大学グリークラブOB会サイト」と「稲門グリークラブサイト」それに「早稲田大学グリークラブ100周年特設サイト」を1つに統合する形で2017年2月に開設いたしました。
より見やすく、よりビビッドにOB会や現役グリーの情報をお届けしようと、広報委員が一丸となって情報の取材・整理と発信に努めてきました。
おかげさまで、ご好評をいただいておりますが、それに甘えることなく、2018年は新たな委員も加え、より充実した内容にしようと努力していきます。
OBの皆さんにはぜひ日頃からこのサイトをご利用いただき、OB会行事への参加、OB会運営へのご理解をいただきたいと思います。

〝地味を地道に〟

さて、ワセグリ創立110周年、OB会発足65周年という「節目の年」だった昨年と違い、2018年はいわば「普通の年」です。
しかし、そういう年だからこそ、「地味でも大切なことを地道に行う年」にしたいと思っています。
それには、昨年のOB四連やオールワセグリフェスティバルなどで皆さんの心の中に蓄えられた〝熱〟を絶やすことなく、推進のエネルギーに変えていく働きかけが必要だと考えています。

OB六連で若手活躍を

今年の大きなイベントは8月11日のOB六連です。早稲田は荻久保和明さん作曲の男声合唱組曲「IN TERRA PAX~地に平和を~」を、松井慶太さんの指揮、前田勝則さんのピアノ伴奏で演奏します。
毎回若手の参加を呼びかけていますが、「平成卒世代のOB」が何人くらいいると思われますか?
実は平成元年卒から平成30年卒までのOBを合わせると「717人」に達します。もはやワセグリOB会の半数は「平成卒世代」です。
もう平成卒の皆さんが活躍する時代です。ぜひ多数の参加をお待ちしています。

会費集めと連絡網強化

今年新たに会計委員会を発足させました。OB会のお金に関わる様々な業務をチームで担当し、会費集めの実績向上を目指します。
また、OB会からのお知らせや参加募集などの情報をこまめに伝える連絡網を整備します。名付けて「オールワセグリ・ネットワーク」(AWネット)。AWネットは「顔のわかる人からの連絡」という親しみのある情報ルートとして活用していこうと思っています。

現役支援の継続

「現役あってのOB会」という姿勢はこれまでも、またこれからも変わりません。
近年、多くの大学合唱団で部員獲得に苦労し、中には存続が危ぶまれる団体も出ているようですが、早稲田大学グリークラブは量的(部員数)にも、質的(音楽性)にも高いレベルを維持しているのはOBとして大変喜ばしいところです。
その基礎となっているのが、毎年春に行われる新入生勧誘活動です。学生気質も変わり、かつてのような勧誘ではなかなか部員が集まらない状況があるようです。そうした中、現役グリーメンは毎年、新勧活動に真正面から取り組み、情熱と工夫で成果を挙げています。部員数は年によって増減はあるものの、少ない年代も1人で複数の役職を兼任し、運営面・音楽面ともに充実させようと頑張っています。
このような状況の現役グリーを、OB会としては経済的な支援も含め、様々な角度から、引き続きサポートしていきたいと思います。OBの皆さんには、会費納入および現役のコンサートに足を運ぶなど具体的なご協力をよろしくお願いします。

OB会活動方針

平成30年度活動方針

○組織強化
 一般会計収支の安定的黒字化を目標に、特に若い世代のOB会費納入者を拡大する。会費納入者増に向けて必要な検討および実践を行う。併せて、OB会員の親睦を図る。

○現役支援
現役あってのOBであることをふまえ、現役には引き続き可能なかぎりの支援を行う。

○演奏関係

以 上

OB会役員・委員

平成30年度 早稲田大学グリークラブOB会役員

会長 柿沼 郭(S53卒) (兼)広報委員会編集委員
幹事長 佐々木 豊(S59卒) (兼)名簿委員長、資料等整備保存委員、広報委員会編集委員
副幹事長木村 寛之(S53卒)(兼)OB四連〈補佐〉、広報委員会編集委員
副幹事長井上 靖夫(S56卒)(兼)OB六連
会計大部 孝広(S54卒)(兼)会計委員長
会計監査 近藤 芳明(S52卒
幹事 清水 實(S38卒) 稲グリコンペ、資料等整備保存委員
幹事 白井 猛(S38卒) 稲門グリークラブ・シニア会
幹事 頴原 信二郎(S42卒) 広報委員長、名簿委員
幹事 金岡 隆(S42卒) 稲門音楽連盟、稲グリ友の会、倶楽部グリー
幹事 伊東 一郎(S47卒) 早稲田大学グリークラブ会長
幹事 槙 信人(S48卒) 横浜稲門グリークラブ
幹事 溝田 俊二(S48卒) OB四連〈補佐〉、資料等整備保存委員
幹事 佐久間裕一(S49卒) 会計委員
幹事 江澤 孝政(S51卒) 資料等整理保存委員
幹事 小岩 寿樹(S52卒) OB四連〈主担当〉、資料等整備保存委員長
幹事 清水 稔夫(S55卒) 東京稲門グリークラブ、資料等整理保存委員
幹事 高野 恭一(S55卒) オールワセグリフェスティバル
幹事 安宅  望(S57卒) 還暦会&順グリ会PartⅡ
幹事 杉野 耕一(S59卒) 広報委員・稲グリ新聞編集長
幹事 道浦 俊彦(S59卒) 大阪稲門グリークラブ
幹事 三浦 康正(S63卒) オールワセグリ会
幹事 松井 修平(H2卒) 早稲田大学グリークラブOBメンバーズ
幹事 近田 修一(H06卒) OB六連、順グリ会、広報委員・稲グリ新聞編集子
幹事 佐藤 拓(H15卒) 資料等整理保存委員
幹事 植木 俊幸(H19卒) 総合支援
幹事 村上 健一(H19卒) 総合支援
幹事 古賀 弘晃(H20卒) 就職相談プログラム
幹事 熊崎 陽一(H22卒) 総合支援(早稲田大学グリークラブ100年史補遺ほか)
幹事 東松 寛之(H24卒) 総合支援

(注)各種事業遂行のために、幹事会が必要と判断した場合には、委員会(委員には幹事以外の人も就任できることとする)を設置して対応する。


委員会
<名簿委員会>
委員長:佐々木豊(S59卒)
委員:頴原信二郎(S42卒)、安斎眞治(S47卒)

<資料等整備保存委員会> (音源の収集・保存、愛唱曲等の精査・検証の基礎作業等も担う。広報委員会とも連携を図る)
委員長:小岩寿樹(S52卒)
委員:佐々木豊(S59卒)、清水實(S38卒)、溝田俊二(S48卒)、江澤孝政(S51卒)、 清水稔夫(S55卒)、佐藤拓(H15卒)

<広報委員会>
広報委員長:頴原信二郎(S42卒)
稲グリ新聞編集長:杉野耕一(S59卒)
稲グリ新聞編集子:三雲孝夫(S40卒)、近田修一(H6卒)
OB会ホームページ:田中啓介(主担当/H11卒)、佐藤宗治(補佐/S54卒)
YouTubeおよびSNS(Facebook):村上政道(H03卒)
OB会一斉メール:安斎眞治(S47卒)
編集委員:徳田浩(S31卒)、柿沼郭(S53卒)、木村寛之(S53卒)、佐々木豊(S59卒)

<会計委員会>
委員長:大部孝広(S54卒)
委員:佐久間裕一(S49卒)、坂田耕治(S55卒)ほか若干名

会費納入について

早稲田大学グリークラブOB会はOBの皆さんの会費(年5,000円)によって運営されています。しかし、会費納入者は年々減少傾向にあり、2016年は約1,600人のOBのうち468人にとどまっています。OB会費の使い道は、概ね現役支援が3割、広報関係費(稲グリ新聞、Webサイト、YouTube、一斉メール)が4割、その他一般活動費が3割となっています。このうち現役支援については、安定的に部員を確保したり演奏会を開催したりするためには、さらなる支援が必要な状況です。
つきましては、まだ会費をお納めになっていないOBの方には、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

口座振替(1) 口座振替(2)
  • ゆうちょ銀行以外の金融機関口座を利用
  • 毎年3月末に自動引き落とし
  • ゆうちょ銀行口座を利用
  • 毎年4月末に自動引き落とし
  1. 専用の「預金口座振替依頼書」を会計の大部幹事に請求して下さい。(請求先は下記)
  2. 用紙に必要事項を記入し、大部幹事宛に送付してください。(※用紙記入例はこちら
  1. 専用の「自動払込申込書」を会計の大部幹事に請求して下さい。(請求先は下記)
  2. ゆうちょ銀行(郵便局)に提出してください。払込先の加入者名や口座番号等は記入例を参照してください。 (※用紙記入例はこちら

用紙請求および問合せ

〒194-0041  東京都町田市玉川学園5-14-21 大部孝広

自宅電話&FAX 042 - 721 - 7948
E-mail takahirooobu@gmail.com

◆単年度分の振り込みを希望する方は→こちら

会員情報更新について

 住所/電話番号(固定電話、携帯電話どちらか一方)/E-mailアドレス(いずれか1つ)/勤務先または職業(20字以内の表記)を変更する場合、下記のOB会事務局までご連絡ください。
 OB会事務局(担当・佐々木)
 E-mail tgsasaki@waseda.jp
 FAX 042-626-4991

 なお、これらの個人情報については、厳重に管理し、みだりに外部に出すことはしません。