OB会について


OB会概要

 早稲田大学グリークラブOB会は、早稲田大学グリークラブ(通称:ワセグリ)出身者でつくる親睦団体で、ワセグリの活動を支援するとともに、音楽活動を通じ、アマチュア合唱音楽の健全な発展に寄与することを目的とした団体です。

 早稲田大学グリークラブは、1907年(明治40年)、「都の西北」で知られる早稲田大学校歌が制定された時、初めて歌って披露した「早稲田大学音楽会声楽部」をルーツとし、2017年には創立110周年を迎えました。

 一方OB会は、1952年(昭和27年)に発足し、2017年に65周年となりました。OB会員は現在約1600人です。

 OBの中には、“ヒゲのバス歌手”、声楽家の岡村喬生。「ちいさい秋みつけた」など童謡・唱歌・抒情歌・世界の民謡を幅広く歌う“歌の伝道師”、ボニージャックス。また、伊東ゆかりの「小指の想い出」や黒木憲の「霧にむせぶ夜」などの昭和歌謡ヒット曲の作曲家・鈴木淳。そしてジャーナリストの筑紫哲也などがいて、音楽に限らず様々な分野で活躍する多彩な人材の“るつぼ”のようです。

 主な演奏会活動としては、それぞれ隔年に開かれる東西四大学OB合唱連盟演奏会(早稲田、慶應、同志社、関西学院)、東京六大学OB合唱連盟演奏会(早稲田、慶應、明治、法政、立教、東大)などの演奏会に参加。OB会全体から参加者を募り、「稲門(とうもん)グリークラブ」と称して歌っています。

 また、日頃は東京・大阪・名古屋・横浜にあるそれぞれの地域稲門グリークラブや、その他にも「年代」の括りで集まった団体など、いくつものOB会関連団体が、それぞれ独自のコンサート活動を展開しています。

 仕事で多忙な中なんとか時間をやりくりし暗譜で舞台に立つ者。定年退職後生きがいとしてのびのびと歌を楽しむ者。それぞれモチベーションは違いますが、学生時代に燃え盛った『男声合唱の火』を心に点し続けています。

 世代は違っても、私たちには学生時代に覚えた共通の歌があります。「校歌」や「応援歌」、その他愛唱曲の数々です。これらは練習をしなくても、すぐにハモることができます。集まって歌えば20代の若手OBから80代の超OBまで1つになることができます。そんな時、たとえ『男声合唱の火』が消えかかっていてもまたすぐに“発火”する、そんな“油”のような“風”のような力がOB会の中には潜んでいます。

幹事会だより

・早稲田大学グリークラブOB会役員から、主にOB会会員に向けてのお知らせです。→こちらから

会長ご挨拶

柿沼会長

早稲田大学グリークラブOB会 会長 柿沼 郭(S53卒)

<一般ビジターのみなさんへ>

ようこそ!早稲田大学グリークラブOB会のWebサイトへ。
私たちは早稲田大学グリークラブ(通称:ワセグリ)出身者でつくるOB親睦団体です。
大学時代は歌三昧の青春時代でしたが、卒業後何十年たってもあの時の熱い気持ちは忘れずに持ち続けています。そんな様子がこのサイトの随所に現れています。
演奏をお聴きになりたい方は「ワセグリ過去演奏音源」をお開きください。1907年(明治40年)以降の演奏曲リストがあり、その内、1955年(昭和30年)以降の音源がお聴きになれます。
演奏会や演奏旅行の様子などをお知りになりたい方は「稲(とう)グリ新聞電子版」を開いてください。そして、過去の活動の様子など歴史的な情報は「稲グリ新聞バックナンバー」を開くと、1982年(昭和57年)の第1号から現在までの各号で見ることができます。どうぞごゆっくりご覧ください。

<OBのみなさんへ>

平成最後の年になりました。ワセグリOB会もこの春、平成最後の代、31年卒の皆さんを仲間に迎えます。その時点で変動がなければ、OBの総数は1524人。そのうち平成卒のOBが738人(約48%)とほぼ半数を占めることになります。そして平成は間もなく新元号に変わり、新たな時代を迎えます。ワセグリOB会としても、経験豊かな昭和卒世代に加え、気力・体力・声力ともに充実した平成卒世代の皆さんの力も結集して、新時代にふさわしい活力あふれる活動を展開したいと思います。

新時代のOB四連に参加を

今年は、東西のコーラスの雄が集うOB四連が7月に大阪フェスティバルホールで開かれます。
稲門グリーは男声合唱組曲「僕の愛 あなたの夢」を、相澤直人さんの指揮、森田花央里さんのピアノで歌います。意欲的でチャレンジングな企画です。
曲は2017年に明大グリーOBの駿河台倶楽部により委嘱初演されたもので、ワセグリOBにとっては初体験。これまでに無い選曲パターンです。
また、これまで関西開催の時は費用の関係からOBの指揮で臨むことが多かったのですが、今回はプロの指揮者とピアニストにお願いしました。相澤さんは特に古典から現代に至る邦人作品の解釈や表現に高い評価を得ている指揮者です。平成20年代の若手OBから「相澤先生でOB四連を歌いたい!」という熱い提案があり実現しました。若手の参加が多かった去年のOB六連の流れを止めることなく、新時代最初のOB四連に100人を超す仲間で舞台に立ちたいものです。

現役のためにもOB会費を

去年立ち上げた会計委員会の尽力により、2018年度はOB会費納入者が515人と、4年ぶりに500人台に回復しました。しかし、平成卒OBの納入者はまだ70人に満たない数にとどまっています。会費収入の約3割は現役支援金に充てています。納入者が増えれば、支援金も増額できます。稲グリ新聞の増ページ、全面カラー化も夢ではなくなります。どうか未納の方のご協力をお願いします。

現役とのパイプ役設置

今年は、新たに「現役支援委員会」を立ち上げました。現役のOB担当マネという接点だけでなく、若手OBの複数の委員に現役とのパイプ役を担ってもらいます。日ごろから気軽に相談できる人間関係を築き、頼りになる「兄貴」的存在を目指します。
また、これまでの経済的支援と就職相談会に加え、今年9月予定の上海演奏旅行のマネージングについても具体的支援を行います。
こうした活動の情報や呼びかけは広報委員会やオールワセグリ・ネットを通して随時皆さんのお手元にお届けします。
共に新時代のOB会活動に、進取の精神で取り組んでいきましょう。
今年もご協力をよろしくお願いします。

OB会活動方針

2019年度活動方針

【組織強化】
 本年度も会費納入者の拡大に努め、一般会計の安定的黒字化を維持する。特に、会費納入率の低い「平成卒世代」に向けた働きかけに力を入れる。併せて、会員の親睦を図る(注:会員とは会費納入者ではなく、OB全員を指す)。

【現役支援】
“現役あってのOB”であることをふまえ、現役には引き続き可能なかぎりの支援を行う。

【演奏関係】

【今後の検討課題について】

以 上

OB会役員・委員

2019年度 早稲田大学グリークラブOB会役員

☆は新任者を示す
会長 柿沼 郭(S53卒) (兼)広報委員会編集委員、OB四連実行委員
幹事長 佐々木 豊(S59卒) (兼)名簿委員長、資料等整備保存委員、広報委員会編集委員、OB四連実行委員
副幹事長木村 寛之(S53卒)(兼)OB四連実行委員長、オールワセグリネットワーク、広報委員会編集委員
副幹事長井上 靖夫(S56卒)(兼)OB四連副実行委員長、OB六連
会計☆坂田 耕治(S55卒)(兼)会計委員長
会計監査 近藤 芳明(S52卒)
幹事 清水 實(S38卒) 稲グリコンペ、資料等整備保存委員
幹事 白井 猛(S38卒) 稲門グリークラブ・シニア会
幹事 ☆三雲 孝夫(S40卒) 横浜稲門グリークラブ、広報委員・稲グリ新聞編集子
幹事 金岡 隆(S42卒) 稲門音楽連盟委員
幹事 ☆若杉 進二(S45卒) 稲門音楽連盟委員、倶楽部グリー
幹事 伊東 一郎(S47卒) 早稲田大学グリークラブ会長(注:2019年3月31日まで)
幹事 溝田 俊二(S48卒) OB四連実行委員、資料等整備保存委員
幹事 佐久間裕一(S49卒) 会計委員
幹事 江澤 孝政(S51卒) 資料等整理保存委員
幹事 小岩 寿樹(S52卒) OB四連実行委員、資料等整備保存委員長
幹事 大部 孝広(S54卒) 会計委員
幹事 清水 稔夫(S55卒) 東京稲門グリークラブ、資料等整備保存委員
幹事 ☆武熊 聡(S58卒) 還暦会&順グリ会PartII
幹事 杉野 耕一(S59卒) 広報委員・稲グリ新聞編集長
幹事 道浦 俊彦(S59卒) 大阪稲門グリークラブ
幹事 三浦 康正(S63卒) オールワセグリ会
幹事 松井 修平(H 2卒) 早稲田大学グリークラブOBメンバーズ
幹事 ☆村上 政道(H 3卒) 広報委員長
幹事 近田 修一(H 6卒) OB六連、広報委員・稲グリ新聞編集子
幹事 ☆島田 尚豊(H 7卒) 順グリ会
幹事 佐藤 拓(H15卒) 資料等整備保存委員
幹事 古賀 弘晃(H20卒) 現役支援委員・就職相談プログラム
幹事 熊崎 陽一(H22卒) 現役支援委員、早稲田大学グリークラブ100年史補遺
幹事 東松 寛之(H24卒) 現役支援委員

★各種事業遂行のために、幹事会が必要と判断した場合には、委員会(委員には幹事以外の人も就任可とする)を設置して対応する。


委員会
<OB四連実行委員会>
委員長:木村寛之(S53卒)
 副委員長:井上靖夫(S56卒)
委員:溝田俊二(S48卒)、小岩寿樹(S52卒)、柿沼郭(S53卒)、佐々木豊(S59卒)、望月俊(H24卒)、小林昌司(H29卒)

<名簿委員会>
委員長:佐々木豊(S59卒)
委員:頴原信二郎(S42卒)、安斎眞治(S47卒)

<資料等整備保存委員会> (音源の収集・保存、愛唱曲等の精査・検証の基礎作業等も担う。広報委員会と連携)
委員長:小岩寿樹(S52卒)
委員:清水實(S38卒)、溝田俊二(S48卒)、江澤孝政(S51卒)、清水稔夫(S55卒)、 佐々木豊(S59卒)、佐藤拓(H15卒)

<広報委員会>
広報委員長:村上政道(H 3卒)
稲グリ新聞編集長:杉野耕一(S59卒)
稲グリ新聞編集子:三雲孝夫(S40卒)、近田修一(H 6卒)
OB会ホームページ:田中啓介(H11卒)
YouTubeおよびSNS(Facebook):村上政道(H 3卒)
OB会一斉メール:安斎眞治(S47卒)
編集委員:徳田浩(S31卒)、柿沼郭(S53卒)、木村寛之(S53卒)、佐々木豊(S59卒)

<会計委員会>
委員長:坂田耕治(S55卒)
委員:佐久間裕一(S49卒)、大部孝広(S54卒)ほか若干名

<稲門音楽連盟委員会>
委員:金岡隆(S42卒)、若杉進二(S45卒)ほか若干名

<現役支援委員>
委員:古賀弘晃(H20卒)、熊崎陽一(H22卒)、東松寛之(H24卒)ほか若干名

<早稲田大学グリークラブならびに同OB会 周年事業検討委員>

会費納入について

早稲田大学グリークラブOB会はOBの皆さんの会費(年5,000円)によって運営されています。しかし、会費納入者は全OB約1,500人の3分の1程度にとどまっています。
OB会費の使い道は、概ね現役支援が3割、広報関係費(稲グリ新聞、Webサイト、YouTube、一斉メール)が4割、その他一般活動費が3割となっています。このうち現役支援については、安定的に部員を確保したり演奏会を開催したりするためには、さらなる支援が必要な状況です。OB会費の納入者が増えれば、現役支援金も増やすことができます。
つきましては、まだ会費をお納めになっていないOBの方には、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

口座振替(1) 口座振替(2)
  • ゆうちょ銀行以外の金融機関口座を利用
  • 毎年3月末に自動引き落とし
  • ゆうちょ銀行口座を利用
  • 毎年4月末に自動引き落とし
  1. 専用の「預金口座振替依頼書」を会計委員に請求して下さい。(請求先は下記)
  2. 用紙に必要事項を記入し、会計委員長宛に送付してください。(※用紙記入例はこちら
  1. 専用の「自動払込申込書」を会計委員に請求して下さい。(請求先は下記)
  2. ゆうちょ銀行(郵便局)に提出してください。払込先の加入者名や口座番号等は記入例を参照してください。 (※用紙記入例はこちら

用紙請求および問合せ

〒255-0003  神奈川県中郡大磯町大磯1880 坂田耕治

自宅電話 0463-61-1613
E-mail gorogorohouse-zzz@mh.scn-net.ne.jp

◆単年度分の振り込みを希望する方は→こちら

会員情報更新について

 住所/電話番号(固定電話、携帯電話どちらか一方)/E-mailアドレス(いずれか1つ)/勤務先または職業(20字以内の表記)を変更する場合、下記のOB会事務局までご連絡ください。
 OB会事務局(担当・佐々木)
 E-mail tgsasaki@waseda.jp
 FAX 042-626-4991

 なお、これらの個人情報については、厳重に管理し、みだりに外部に出すことはしません。